サラリーマン出世思考

管理部門で働く方に特化した出世思考・仕事をする上で大切なこと・身だしなみを私のノウハウと共に紹介

作業ではなく、常に考えて仕事をして、未完了の仕事をなくしていく。

027ef62d9b9aa876cec6a9c3c2e6502b_s

私は、この概念を知ることで仕事への取り組みが
劇的に変わりました。
そして、私の出世スピードを上げた大きなポイント
の一つは間違いなくこの概念となります!

この概念を知らない時は、上司からはいつも
『使えないヤツだ』と舌打ちされて、周りの同僚が
上司に可愛がられたり、出世したりしている中で
私はいつも叱られてばかりでした。

一生懸命頑張ってるのになんで認めてくれないんだ!

と上司のせいにしていました。
でも、この概念を知ってからは
上司から「最近お前、仕事できるようになったな。」
と言われるようになり、

この概念で仕事を取り組み始めてから
3ヶ月後には昇進しました。

それでは、『作業ではなく考えて仕事をする』
の意味は、何かというと。具体例で説明します。

あなたは、上司から業務を頼まれたり、ルーティン業務をする際に、
何も考えずに目の前にある作業を黙々と作業していますか。

それとも、

こうしたらもっと仕事のスピードが早くなるのではないか?

そもそもこの仕事は、ここを変えれば必要なくなるのではないか?

今はこうしているけど、やり方を変えたり、仕組みを作ることで、
業務効率を上げて、簡素化し次からは誰でもできるようにしよう。

等々。

頭に入れて仕事をしているか。ということです。
つまり、『常に考えて仕事をしているかどうか』です。
何も考えずに与えられた仕事を取り組むのは誰でもできます。
(何も考えないほうが圧倒的に楽なので。。。)

考えるということは、
冷や水に手を突っ込むのと同じようなもので
できれば考えたくないのです。

だからこそ、自分は考える!

1秒でも早く仕事を終わらすことができないか
を常に考えて仕事をすることが大事なんです。

例えば
以前私の仕事に
1.封筒に資料をつめて
2.送付先の住所のシールを貼って
3.スタンプを押して
4.ノリをつけて便を閉じる。
といった単純作業を永遠と5000枚くらい
やっていたことがありますが

これを何も考えずにただやるのであれば『作業』です。
でもこのルーティンの中で

1.封筒の位置を左側におき、資料を右側におく事で
左手で封筒を持ちながら同時に右で資料を拾えるので
効率が上がる。

2.ノリをつけて封筒を閉じる作業を2番目に持ってくると
資料を詰めた後に空いた右手をノリに手を伸ばし
そのままはることが出来るので効率が上がる。

上記のように試行錯誤を繰り返していかに速度を上げる
配置と手順を作り出す事を考える!

そして実際にやってみる。
そうすると作業ではなく、仕事になります。

ただし、ここで大事なポイントが一つだけあります!
最初は教えてもらったやり方であったり、
今あるやり方をやってみることです。

いきなり変えようとすると、結果的にトンチンカンな
方向にいったりします。又、いきなり変えてうまくいくと、
今までやってきた人の面子をつぶすことになり、今後、
仕事の協力を得られなくなります。

まず、やってみて、一通り理解してから。
更にここを○○したらもっと良くなると思いますので・・・

という流れにすることで両者ハッピーハッピーの関係を
作ることも大切です。

そして、成功したら周りに感謝することです。
そうすることで、あなたは相手から一目置かれます。
(あなたが成功の主格であることは仕事ができる人ほど
既に気づいていますし、謙虚さが大切です。)

・成功したら周りの人に感謝!
 ⇒成功したときほど感謝
・部下が失敗したら自分の責任
 ⇒失敗したのが部下であったとしても自分が仕事を任せていて
 自分の確認不足。責任を部下になすりつけようとすると結果的に
 上からも下からも評判を落とすことになりますので最悪です。

このマインドもすごく大切です。

もう一転、未完了の仕事をなくしていく。
つまり、完了までもっていく。ということも
とても大切です。

仕事をしていると、色々な人から頼みごとを
されて、しないといけないことが次々と出てきますね。

そして手帳やメモを使ってTODOリストを作っていると思います。

よくあるパターンが。
重要な仕事は自分で分かっていて、早くやらないと。
と思いながら、なかなか手がつかず、目の前にある
仕事に追われて(逃げるという感覚もしれません。)

気がついたら一日終わってしまった。
もやもやしながらも、あまり急いでないし、
疲れたから今日は帰って、明日やろう!

しかし、結局、次の日も目の前の仕事に
追われて手が付けられない。このパターンありませんか?

正直、私はあります。。。

何が言いたいかというと。
重要な仕事を先延ばしにしてしまい、
考えなくても良い(あまり重要でない)仕事を
こなして仕事をした気になってるということです。

皆さんわかっていると思いますが、重要な仕事を
こなしていくことで仕事の生産性、評価はぐっと
高まっていきます。

ここでポイントが2つあります。

一つ目は、先にも書きましたが
人は考えることは、めんどくさいという点です。
冷水に手を突っ込むようなものです。

できれば決まったことを何も考えずに
やるというのが楽です。

だから、会社には変化を嫌う人。多くないですか?

理由は簡単です。
なぜなら、楽だからです。ただし、長期的にみると
変化しない=現状維持=今の時代は即衰退となります。

理由は簡単で周りはどんどん変化していっているからです。

今まで成功してきたからといって、同じことをやって
いては、これから先も成功していくということは今の
時代はまずないです。

無論、今までのものを全て否定するという訳ではないです。
ただし、変化を恐れて何もしないことは結果衰退していく
ということです。

周りをみても現状にしがみつこうとすればするほど、
出世できず。逆に仕事ができる人は、変化を恐れず
自分から率先してチャレンジしている人が多くないでしょうか。

つまり、自ら考える。ということをしている人です。
ただし、考えていて何も行動に移さない人は全く意味がない。
のは言うまでもないですね。

ずっと考えていて何もしないのであれば、
何か行動していた方がずっと良いです。

サッカーに例えて順番をつけると
1.考えているが何もしない人。つまり、走らない人。
2.ただ走っている人。
3.考えて走る人。

という順番です。

昔、日本代表のオシム監督が言ってましたが、
3.考えて走る人になることが大事です!!!

もう一つのポイントは、
重要な仕事は朝一番に片づけてしまう
習慣をつけることです

やらなければいけいないことは、
ほっといてもやるのです。

しかし、今日やらなくても良い重要なことは、
今日は疲れたから明日にしよう。
ということになります。

なので、

朝一番にやることが一番効率が良いです。
いろいろと事情はあると思いますが、自主的に
就業開始前の30分前にいくことで、その日一日の
仕事はまったく違ったものになります。

ちなみに私は、9時開始なので、自主的に
8時過ぎには会社にいます。

朝一番に重要な仕事を片付けることで、
良いスタートが切れます。

やらなきゃいけない仕事がある中で、逃げるように
違う仕事をしていると、目の前の仕事に集中できない
のでどうしても効率が悪くなります。

であれば気になる仕事をこなしてしまうこと。
つまり、未完了を完了にすることがとても大事です。

習慣を変えることは大変ですが、考え方を変えて、
行動を変えることで少しずつ変わってきます。

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

今日のポイントをまとめます。

・作業ではなく、考えて仕事をする!
・重要な仕事は優先して行い、未完了を
 完了までもっていく。

ちなみにですが、未完了から完了まで持っていく際、
最後の残り2割くらいが調整等で一番大変です。
ここをしっかり完了まで持っていくことがポイントになります。

私は、この仕事術を実践することで、
役員にまで昇格し、安定したお給料を手にする
ことができるようになりました。

この仕事術を身につけていなければ、恐らく
私は左遷されたまま『使えないヤツ』として窓際に
追いやられ、リストラ最有力候補になっていたと思います。
本当に大事なことなので、ぜひ意識して実際にやってみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたにオススメの記事

no image 1
人生の転機

ご訪問いただきありがとうございます! あなたとのご縁に心から感謝いたします。 私 ...

      2016/05/25

 - 未分類