サラリーマン出世思考

管理部門で働く方に特化した出世思考・仕事をする上で大切なこと・身だしなみを私のノウハウと共に紹介

一歩ずつでも良いのでとにかく進んで、一日一日を大切に生きる。

86c28a9931923ef205e2decb943b765f_s

仕事をする際にどんなスタンスでやるかは人それぞれです。
そのため、毎日ダラダラと仕事をして、周りの人に助けてもらい
ながら仕事をしていてもそれはそれで良いと思います。

実際に会社にもそういう人はいると思います。

しかし、もしあなたが、仕事で成果を出して、仕事にやりがい
を感じて、仕事を通じて成長していきたいと思っているならば
毎日一歩ずつでも良いので前進をしていくことを意識して
行動することが大事です。

たとえば、ビジネス書を読んでそこに書いてあって感銘を
受けたことを試してみる。

もし、このブログに書いてある記事で少しでも
参考になることがあれば試して欲しいです。

エクセルで今まで使用したことがなかった数式を使ってみるとか。
英語を話せるようになりたいのであれば、日々少しでも
英語を学び、英語を話したり、等々・・・。

小さいことでも良いので、とにかく
昨日の自分より成長していくことを意識して
いくことが大事です。

少しやったからって変わらないよ。って思うかも
しれませんが、何の成長もない毎日を続けていくか。
日々少しでも良いので、新しい自分になっていくかで
1年後、数年後には大きな差が生まれてきます。

何かにコツコツ取り組むことって大変です。
なので、裏を返すとほとんどの人は何もせず前進しないので、
すごく小さい一歩でも、進んでいくことで他の人より
多くのことができるようになります。

私自身、昔は本を読むことが大嫌いでしたが、
少しずつ本を読んで、本に書いてあることをとにかく
試して、試行錯誤することで今のポジションまで上がる
ことができるようになりました。

今では本屋にいけば1,2時間すぐに経ってしまいますし、
本を読むことは大好きになりました。

例え、あなたが何かにコツコツ取り組むのが苦手だったとしても
世の中の多くの人は、何もせず全く前進しないので、
一歩ずつでも良いので日々前進していくことを意識しておくだけで
会社でのあなたのポジションは間違いなく変わってきます。

命は時間です。
限られた時間をいかに有効的に使うことができるか。
これが極論一番大事なことだと思います。

自分の父親を数年前に亡くして、
その時、初めて人は本当に死ぬ。と実感しました。

それまでは、どこか他人事だったのですが、身近な人の
死に直面して、初めて本当の意味で死を意識しました。

うちの父親はまだやりたいことがあっただろうし。
まだ生きたそうだった。それがすごく伝わってきた。

その時に、命の重さ、一日の重さを改めて痛感しました。

何も考えないで生きてると今の時代は、
すぐに時流に流されていきます。

テレビを見れば楽しいし、ネットサーフィンして
いれば自分のいらない情報もいくらでも飛び込んでくる。

ご飯を食べて、寝て。起きる。また一日が始まる。
という感じで一日、一週間、一か月、一年間は
あっという間に過ぎます。

本当にこれで自分の人生いいのか。

親から授かった大事な命です。
大変な思いをしてあなたを育ててくれた命です。

こう考えると、自分が本当にやりたいことを見つけて
死ぬときに俺は生き切った!!と心から思えるように
毎日を大事に生きていくこと。

生き切るうえで何が大事かというと、
とにかく行動すること。

これに尽きると思います。

行動することをためらって10年後に失敗するなら
明日行動して、明日失敗して次に進むことが大事です。

やりたいことが分からない人は、今やっていることを
まずは真剣にやってみることで何か見えてくると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたにオススメの記事

no image 1
人生の転機

ご訪問いただきありがとうございます! あなたとのご縁に心から感謝いたします。 私 ...

   

 - 未分類